離煙パイプを使って禁煙をするメリット

離煙パイプとは何かというと、禁煙用のパイプの事で、これを使用する事でタバコを簡単に止める事が出来ます。具体的には摂取するニコチンの量を毎日少しずつ減らしていき、最終的には完全に禁煙に至るというものです。離煙パイプには、1~31番までの番号が書かれたパイプが入っており、これを順番に使用していく事で、ニコチン量を毎日約3パーセントずつ減らしていきます。その結果毎日普通にタバコをパイプから吸っているだけで、ニコチン依存症も解消されていき31日後には禁煙出来るというものです。

ルールも簡単で、タバコを吸う時は必ずパイプを使う事、そしてパイプは毎日交換しながら順番通りに使っていくだけです。ではこの離煙パイプを禁煙に使うメリットは何かというと、色々あります。まず何といっても大きいのがタバコを吸いながら禁煙する事が出来るという点です。禁煙というとタバコを一切吸わないようにするというイメージが強いですが、少しずつニコチン量を減らしていくという方法なので苦しくありません。

その為順調にいけばわずか1カ月という短期間で成功するというのも魅力です。またパイプをくわえてよいので、口寂しさを感じなくて良いというのもメリットとして挙げられます。禁煙が上手くいかない理由の1つに口寂しいというのがあります。そこで大抵の人はガムを噛んだりするのですが、それでは満たされずに結局再び吸い始めてしまうという人も少なくありません。

しかし離煙パイプはそんな心配もなく、咥え続ける事が出来る為、ストレスや禁断症状もなく精神的にかなり楽です。他にも薬ではないので、眠くなったり吐き気がしたりする等副作用の心配もないというのもメリットとして挙げられます。このように離煙パイプには沢山のメリットがあるので、中々禁煙が上手くいかない人は試してみると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *