禁煙を実現させる離煙パイプというもの

タバコを止める理由は人それぞれです。自身の健康を考えてのこともそうですし、副流煙で人に迷惑をかけることも考える必要があります。また、最近はタバコの価格も急激に上がりましたから、経済的なことから禁煙に踏み切る人も少なくないでしょう。どういう理由でも禁煙することは大切なことです。

禁煙にはストレスがついてまわります。このストレスはとても厄介なもので、過剰に蓄積されれば逆に健康を害する結果にもなってしまうのです。ある有名な評論家が大病を患い、医師から禁煙をすすめられましたが、禁煙はストレスが蓄積されて他の病気にかかってしまう恐れがあるからと言って、禁煙を拒絶したという話があります。確かに喫煙は一日も早く止めた方が良いのですが、このストレスのことも十分に考えなければなりません。

できる限りストレスをかけないで禁煙を成功させるためには、最近注目されている離煙パイプが最適です。離煙パイプ自体はどこにでもあるようなありふれたものなのですが、違う点は31本あるパイプにはそれぞれ大小の微小な穴が開いているという点でしょう。この穴からニコチンを排出させます。離煙パイプを始めるときにはまず穴の小さいパイプから使い、徐々に穴の大きいパイプへと変えていき、最終的には禁煙させるという方法です。

これならば知らず知らずニコチンの摂取量を減らすことができます。ニコチンだけではありません。離煙パイプはタールをも除去してくれるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *