本当に止められる?離煙パイプ

喫煙しながら禁煙を目指すというのが、離煙パイプの逆転発想です。長く喫煙生活をしている方ほど、ニコチン依存が強くなることから、いきなり禁煙生活を始めるとイライラやストレスを感じやすくなります。そのため離煙パイプは、喫煙習慣をそのままにニコチン摂取量を減らすことを重視しました。1~31番まであるフィルターのそれぞれにある横穴は、喫煙時に煙が逃げ出すようにできています。

番号が大きくなるほど穴のサイズも大きくなり、ここから出る煙の量でニコチン量を調整します。「吸いながら禁煙」レギュラータイプでは、1~31番まで全31本のパイプ入り、1日ごとにパイプを使い分けていき、31日目に禁煙を目指します。パイプを分解すれば中をきれいに洗えるため2日で1本、3日で1本といったように使い回すこともできます。気になるニコチン減少量はパイプごとに3%減少します。

つまり1番パイプで約3%、2番で約6%、31番になると約93%も削減、一般的にタバコ1本あたり約6mgが体内に入るとされていますが、31番パイプならば約0.005mgまで減少する計算になります。1ヶ月かけてゆっくりとニコチン摂取量を減らせるというだけでなく、喫煙習慣を変えることなく続けられるのがメリットです。離煙パイプで禁煙を実現した元愛煙家の多くが、31日目以降は「タバコを必要としなくなった」といった体験談を報告しており、ニコチン摂取料を少しずつ減らすと無理なく禁煙を目指せると考えられます。もし何度も禁煙したけど失敗したという方は、離煙パイプを試してみてはどうでしょうか。

きっとタバコの煙とも離縁できますよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *