離煙パイプで無理や失敗なく禁煙できます

離煙パイプは長くタバコを吸っている人が無理なく喫煙を止めるための道具です。最近は禁煙を求められる状況が増えており喫煙できる場所も限られてきているため、喫煙家にとってはタバコを我慢しなければいけない状況が長くなる傾向にあります。ですが喫煙歴が長くなればなるほどタバコを我慢するとイライラする、気分が落ち着かないといった症状が出やすいため、禁煙を思い立ってもすぐに断念してしまうというのが一般的です。タバコを止めるためにはいくつか手段があります。

禁煙パッチを貼ったり飲み薬を服用したり、喫煙はニコチンによる中毒症状であることから、一定の基準を満たせば健康保険で治療を受けることもできます。ですが通院するほどではない、時間がとりにくいという人もいるはずで、そんな場合は離煙パイプを活用する方法があります。離煙パイプはタバコを吸う際に、吸い口に特殊なパイプを取付けるだけで我慢することなくタバコを止めることができる商品です。パイプは全部で31種類あり、人によりますが毎日パイプを取り替えながら喫煙することで1か月後にはタバコを止められるというシステムです。

仕組みは単純でタバコを吸うたびにパイプについている穴からニコチンが排出されるので、毎日徐々に摂取量を減らしていけるというものです。パイプには番号がついており、番号が大きくなるほど穴も大きくなるのでゆっくりとニコチン依存の状態から脱却することができます。また禁煙を達成できた人でも、つい吸いたくなってしまう状況がありますが、そんなときでも離煙パイプの31番パイプを付ければ、ほぼ禁煙状態と同じ状況を作りだせるので禁煙に失敗したという状況にはならないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *