血糖値を下げるのは難しいと思っているそこのあなた

血糖値とは、その名の通り血液中の糖分の値を指します。糖分とはブドウ糖(グルコース)のことです。血液中の糖分が常に多い場合はどうなってしまうのでしょうか。それは、細い血管(細小血管)が障害され、やがて目の部分の網膜症や、腎臓の部分の腎症になる可能性があります。

これがいわゆる、糖尿病によって引き起こされる病気です。また、より太い血管(大血管)でもダメージを受けた血管の壁が硬く変化をして、血管内が細くなったり、つまったりをおこす動脈硬化の原因になります。その為、血糖値を下げるには、運動療法や食事療法が大切です。適度な運動を習慣化し、無理のない範囲で行う事が良いです。

主に、有酸素運動が効果があると言われています。有酸素運動とは、ジョギングやウォーキングです。最初は、30分で良いので慣れてきたら少しずつ時間を伸ばして行っていきます。運動は、食後すぐに始めると効果はなく、食後30~60分ほど経過してから行うのが良いとされています。

食事療法については、食べ物や飲み物でも血糖値を下げるのに効果があるものがあります。それは、食物繊維や酢、玄米、グァバ茶などが知られています。中でも簡単に手に入り今すぐにでも試せるものは、緑茶とブラックコーヒーです。空腹時にブラックコーヒーを飲むことで、血糖値を下げることが出来ます。

食事の食べ方も、噛まずに飲み込んでしまったり、おかずを食べる前にいきなりご飯をかきこんでしまうと血糖値が急上昇しやすいので、食事は、ゆっくり時間をかけて食べることをオススメしています。このように全て簡単に出来ることなので、自分のペースで行い健康な身体作りをしていきたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *