血糖値の意味するところ

血液検査での血糖値は、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度を示すものですが、食後に急上昇し、2時間めから急下降する性質があり、血糖値の測定は、安定状態にある空腹時に行なうことになっています。血糖値の測定は、自己測定用の器具もあり、簡便に測定できる長所もありますが、先ほども言ったように、食後に激しく上下動しますし、食事量によって血中のブドウ糖濃度の最高値も一定しません。この不安定な性質を補う検査方法として、HbA1c(ヘモグロビンA1c)の測定があります。HbA1cは、赤血球のヘモグロビンがブドウ糖と結合する性質を利用して、これを測定することで、過去2ヶ月の平均的な血中ブドウ糖濃度を知る方法です。

短時間で激しく変化する血糖値だけでなく、HbA1cにも注目する必要があり、この2つを見て診断を下すのが普通です。血糖値は重要な指標ですが、これは超短期の血中ブドウ糖濃度に過ぎませんから、これだけを見て一喜一憂しても仕方がありません。重視すべきは、むしろHbA1cであり、中長期の血中ブドウ糖濃度の変化に注目する必要があります。ただし、たとえ短時間であっても、極端にブドウ糖濃度が高水準になるのも眼球網膜の毛細血管などを損傷しますので、中長期の濃度さえ安全圏にあれば問題ない、とも言えません。

ですから、血糖の監視は、2種類の検査結果を同時に見ながらのものになります。それぞれの検査法の特徴を熟知し、その意味するところを正しく認識する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *