離煙パイプなら今吸っているタバコで禁煙ができる

禁煙したいけど意志が弱いのでやめることができなかった、ストレスで周囲に迷惑がかかりまた吸い始めた、つらいし苦しいので自分には無理などの理由で、タバコを吸い続けている人もおられます。禁煙できない主な理由にニコチン依存症があります。このことを知っていないと自分の意思でやめようとしても無理なのは当然です。禁煙できた人はすばらしい、できない自分は意志が弱い、そう区別はしてはいけません。

もっと楽に、手軽に禁煙ができるとしたらどうでしょう。今のタバコを吸いながら少しの工夫で禁煙ができる、そんな都合の良い禁煙方法もあるのです。離煙パイプというものをご存知でしょうか。日本だけでなく世界各国でも販売されている禁煙グッズです。

離煙パイプは31本のパイプで構成されている商品で、そのパイプを番号順に今吸っているタバコに装着して使うだけでいいのです。たったこれだけで、禁煙ができてしまうのです。原理は、離煙パイプは番号順に少しずつニコチンをカットしています。番号順に使うと気づかない間にニコチン摂取が少なくなっていて、依存症を軽くしながら禁煙に導きます。

本人はいつものタバコを吸っているので禁煙をしている、口が寂しいという感覚もありません。最終的にはほとんどニコチンを摂取していないので、ニコチン依存症とはお別れできます。つらい、苦しいなどの経験をもたれている人や楽な方法があれば禁煙したい人に離煙パイプはおすすめのグッズです。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です