タバコが止められない人におすすめの離煙パイプ

タバコを止めたいけれど、なかなか止められないという人も多いのではないでしょうか。タバコを吸う事で家族から煙たがられたり、ベランダなどでこっそりと吸っている人も多いようです。しかもベランダで喫煙していると、隣近所からクレームを受けてしまうこともあります。そういった時に試してほしいのが離煙パイプです。

離煙パイプとは、吸いながらタバコを止められる画期的な禁煙グッズになります。1番から31番までのパイプで構成されており、喫煙する際にいつものタバコに取り付けるだけなので使い方はとても簡単です。それぞれのパイプには番号ごとに、大きさの違うミクロの穴が開いています。空気の吸入量によって、ニコチンをカットする仕組みです。

ミクロ単位の精度で穴があけられており、ニコチンの摂取量を徐々に減らすことができます。普段通りタバコを吸っているだけなのに禁煙することができるので、新しい禁煙グッズとして注目されています。離煙パイプは、31段階でニコチンの摂取量を少しずつ下げていきます。1つずつは3%程度の差しかありませんから、違和感を感じることもありません。

31番目のパイプまでくると、ニコチンの摂取量は最大でも0.005㎎となっています。ニコチンの依存性も体が気が付かないうちに下げられます。1本のパイプで吸う本数にも制限はありません。そのため離煙パイプは、ストレスを感じることなく禁煙することができるとして人気を集めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *