離煙パイプの色々な特徴

空気の流入量を調整するといった仕組みの、離煙パイプと呼ばれるものを知っているでしょうか。これを利用すればタバコを吸いながら禁煙することができるかもしれません。他の禁煙グッズあるいは禁煙療法などで禁煙できなかったという人は、このパイプを使ってみてください。離煙パイプはニコチン含有量が違う31本のパイプがセットになっている商品になります。

色々な特徴があるものになりますが、いちばん大きな特徴は毎日使って少しずつ取り込むニコチンの量を減らすことができることでしす。少しずつ減らしていってもストレスをそれほど感じないでしょう。このパイプでは最終的に0.005ミリグラムまで取り込むニコチンの量を下げられます。自然にニコチン依存症から抜け出すことができるかもしれません。

このパイプはアメリカなどでも販売されています。購入することができる場所としてはデパートなどです。香料や薬剤を使っていない商品ですから、安心して購入してください。その特徴は香料や薬剤が未使用というだけではありません。

31本それぞれのパイプに異なるサイズのミクロの穴があいていることも大きな特徴ですし、各所に高度な技が施されていることもそうでしょう。また使い捨てではありませんから、分解してクリーニングしてください。中性洗剤で洗って構いません。この離煙パイプと御守パイプを併用するといいかもしれません。

御守パイプとはバッグや携帯にさげられる小さなものです。離煙パイプのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *