クリニックでも使われる離煙パイプの魅力

離煙パイプと呼ばれるものがあります。

これを使えば、煙草をやめず喫煙しながら禁煙することができます。もちろん薬剤も香料を使用していない安全安心なものです。世界各国では47万人が離煙パイプを使っています。ニコチン-3%、-6%、-9%のものが何本かセットになっているものであれば、毎日順番に使うことによって1日づつ3%づつニコチンを軽減することができます。1日3%と僅かな差にストレスを感じることはないでしょう。最後は0.005ミリグラムと極僅かな量にまで下がって、煙草依存から脱せれます。この離煙パイプは空気の流入量でニコチンの量をコントロールするものです。

そのミクロの穴における加工は精密技術によります。その禁煙成功率90%近く、その中には芸能人なども多いです。日本だけでなく、アメリカや韓国、中国などにおいてもそうです。クリニックの禁煙外来でも離煙パイプは使用されています。医療器具ではないものの、その成功率及び安全性が高く評価されています。喫煙をやめることによってニコチン欠乏にともなう離脱症状がおこるゆえに禁煙が辛いと言えるでしょう。眠れなかったり、苛々したり、集中できなっかたりといった症状は思ったよりも辛いかもしれません。離煙パイプは煙草を吸いながら徐々にニコチン依存また煙草に対する愛着を減らしていくことができるわけですから、離脱症状が起きることはありません。楽に禁煙することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *