離煙パイプで段階的な禁煙を目指す

離煙パイプは日本が開発した禁煙アイテムで、世界中で使用されています。

1~31番までパイプがあり、31番の終了時に禁煙を成功をさせることが目標です。つまり1か月で禁煙できる仕組みですが、なかには2か月かかる人もいます。これは2度使いが必要になるためで、0.2mg以上のニコチンを含有するタバコを喫煙している方が対象になります。離煙パイプは段階的にニコチンの摂取を抑えられるのが特徴です。タバコをやめられない人は、ニコチン依存になっているのです。

この状態から脱却するのは今日・明日ではほぼ不可能でしょう。ニコチン依存は時間をかけて罹患していくため、禁煙にもある程度の時間が必要です。ニコチン依存からの離脱においては、さまざまな不調が生じることが少なくありません。これらは体質改善を経るための過程ではありますが、依存度が高いほど脱却は難しく、また離脱症状も強く出るのです。

離煙パイプはニコチンの摂取量を段階的に減らし、無理なく禁煙したい方に適しています。徐々にニコチン依存から脱却できるため、ほかの禁煙法と比べて精神的な苦痛は小さいと言われています。離煙パイプの魅力は喫煙をしながら禁煙を目指せることです。喫煙が習慣化している人にとって、いざ禁煙するのは容易ではありません。タバコに対する依存度が高ければ高いほど、脱却するのは大変です。特にヘビースモーカーの方は急に禁煙するのは極めて困難ですから、離煙パイプを活用した方法がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *