離煙パイプの使い方とは

タバコをやめたいと思っても、なかなか止めることができないという人におすすめなのが離煙パイプです。

離煙パイプとは、香料も薬剤も使わずに空気の流出量だけでニコチン量をコントロールしていき禁煙につなげるパイプになります。離煙パイプは、31本で1セットになっていて、それぞれに大きさの異なるミクロの穴が空いています。そこから吸うときにタバコの主流煙と横穴から空気を同時に空気を吸い込ませることでニコチンの摂取量を減少させるという仕組みです。

徐々に毎日パイプを取り替えていくことで、簡単にニコチンの摂取量を減らせるようになっています。味の変化も少ないため禁煙するというストレスが少ないのも離煙パイプの特徴となっています。使い方は簡単で、いつも吸っているタバコをパイプに差し込み吸っていきます。1日ごとに番号が振られている順番でパイプを変えていきます。31番まで使用することによって禁煙することが可能です。それぞれのパイプは、前日よりも約3%のニコチン量が減らせるようになっています。つまり、毎日パイプを変えることでニコチン量は自然と下がっています。毎日3%という微量な誤差のため、タバコの味も香りもそのままです。31番目のパイプになるとニコチン量は95%もカットできるようになり、ほぼ禁煙レベルまで減少していきます。体内に残っているニコチンも減少しているため、離脱症状を抑えながら比較的簡単に禁煙することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *