タバコを吸いながら禁煙できる離煙パイプ

禁煙をすると、健康な体に近づけることやタバコにかかる出費がなくなるなど多くのメリットがあります。

タバコの価格が高騰していることもあり、禁煙に挑戦する人も増えていますが、途中で挫折してしまう人も少なくありません。タバコを止めたい場合は、まずは本数を減らすことから始めることも多くなっていますが、タバコが切れたときのイライラ感を抑えるのもつらいものがあります。それゆえ、電子タバコなどタバコとは違うほかのもので物足りなさを補う人も多くなっていますが、タバコとはやはり違うものなのでこれだけで禁煙を成功させるのは難しいものもあります。できることなら、タバコを吸いながら禁煙に挑戦したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

タバコがやめられない場合は禁煙治療という方法もありますが、この場合も薬の副作用が気になるという人もいます。禁煙治療に抵抗がある人は、まずは離煙パイプでの禁煙に挑戦することもおすすめです。離煙パイプは、タバコのニコチンをカットするタイプのパイプですが、従来のものと違うところは、31種類のパイプが用意されているということです。日を追うごとに、タバコに含まれているニコチンの量は多くカットされていきますので、最後のパイプになる頃には体内のニコチンもかなり減少し、ニコチンなしでも平気になるとされています。離煙パイプは1本で吸うタバコの本数に制限もありませんので、繰り返し使うことも可能です。体質や持病の関係で禁煙薬が使えないという人にも安心できるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *