禁煙の成功率が高い離煙パイプとは

年々タバコの値段が上がるだけでなく、受動喫煙が社会問題化し2020年の4月1日からは健康増進法の改正により、多くの施設では屋内が原則禁煙になっています。

また肺がんを始め生活習慣病の原因としても、喫煙が多大な影響を与えている事が医学的にも立証されている事から、日本でも喫煙率は年々低下傾向になっているなど、健康志向の為に禁煙する方は多いです。近年ではタールを発生させる紙タバコから電子タバコに変更する方も増えていますが、多くの方は禁煙を意識していても実行出来ない方や禁煙途中で挫折している方も結構いらっしゃいます。そんな禁煙に挑戦した方の中で、何回も失敗や挫折を繰り返してきたものの、離煙パイプを使用した所スムーズに成功出来たと言う口コミがネットで話題です。

以前の禁煙グッズと言えばタバコの代わりにニコチンパッチを体に貼ったり、ニコチンが全く入っていないリキッドタイプの電子タバコの他に、最近では禁煙外来で挑戦するなどが多かったのですが、この離煙パイプは今まで吸っていたタバコをそのまま吸いながら禁煙出来る所が他とは違います。使用方法は大変簡単で、タバコを吸う時に離煙パイプをタバコに取り付けて普段通りに吸うだけと言う物ですが、このパイプが1番から31番まであり、徐々に大きい番号のパイプを取り付ける事によって、摂取するニコチン量を減少すると言う理屈です。この離煙パイプには横に穴が開いているので、普段通りに吸っても横からニコチンが逃げてしまうのですが、例えば1番のパイプは3%減少させるのでそれ程分からない状況から徐々に大きくしていき、31番のパイプでは95%もニコチンをカット出来ます。段階的にニコチンの摂取量を減少出来るので、我慢している意識も無い事から成功率が他の禁煙方法と比べても絶大に高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *