離煙パイプは吸いながら禁煙できる画期的なアイテム

離煙パイプとは、31本のパイプから構成されている禁煙グッズです。

タバコを吸う際に、吸い口部分にパイプを取り付けるだけで、吸いながら禁煙することができます。パイプには、ニコチンの摂取量を減らすための横穴が付いています。31本のパイプには番号が振られていて、数が大きくなるほどニコチン摂取量を減らすことができるという仕組みになっています。1日に減らす量は3%とわずかな量なので、使い始めたころはほとんど違和感はありません。

しかし、31番までくると身体に取り込むニコチンの量は95%まで減らせるので、今までの喫煙習慣で身体に蓄積されていたニコチンの中毒症状からほとんど解消された状態になっているので、すんなりとタバコをやめることができるのです。禁煙をするにあたり、一番難しいのはニコチンへの依存をどう解消するかということです。ニコチンが身体から切れてくると、イライラや不快感、落ち着かない、集中できないなどの離脱症状に悩まされます。この離脱症状から逃れるためにタバコに手が伸びてしまい、禁煙に失敗してしまうのです。

最初から無理にタバコを我慢してしまうと、辛いばかりでうまくいきませんが、離煙パイプを使用すると吸いながら禁煙をすることができるので無理なくタバコをやめることができます。離煙パイプを順番通りに使うというルールを破らない限りは、いくらタバコを吸っても問題ありません。長年続けてきた習慣を無理に変えずに禁煙を行うことができるので、ストレスを感じずに禁煙することが可能となる画期的な禁煙グッズです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *