離煙パイプのおもな特徴

離煙パイプとは煙草の味をそのままでニコチンを少しずつカットしていくパイプで、最終になると95%までニコチンをカット出来ます。

1日に煙草を何本吸ってもよく、製品は31日分のパイプが用意されていて1日ごとにパイプを変えていきます。1日目、2日目、そして最後に31日目といった感じに使い、日が経つにつれてニコチンカット数が多くなり、そのパイプで煙草を吸います。煙草を吸うきっかけは人それぞれですが、最初は1日1本だけだったのが次第にその本数が増えていきそれが1日1箱となっていきます。喫煙者には1回は禁煙に成功していても、また何かあって喫煙してしまう人も少なくありません。禁煙グッズには電子たばこやニコチンパッチ、ガムなどもあり、中には禁煙ガムという煙草がまずくなるタイプなどもあり、これも人によって合わない場合もあります。

その中で、離煙パイプは有名なタレントも成功したこともあって、しかもきちんとした禁煙理論もあります。この禁煙理論とは目標を1ヶ月後に設定してから、1日ごとにニコチンを無理なく軽減させていき、使っている間は煙草をいくらでも吸って構わないこと、1ヶ月で出来なかったら2ヶ月に変更することです。毎日、少しずつニコチンを減らすことは、少ないニコチン量で満足できる体へと変えていくことになります。最終日の離煙パイプだと、ニコチンは殆どなくなるため煙を吸って吐くだけの状態になります。ニコチン依存症の方でも使いやすいアイテムです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *