離煙パイプで煙草を吸いながら禁煙が可能です

離煙パイプは、いつも通りに煙草を吸いながら禁煙が可能で禁煙成功率が高い禁煙グッズです。

禁煙パイプは日本製で、世界で47万人が禁煙に成功し、禁煙外来でも採用している病院もあるほどです。離煙パイプには1~31番まで番号が振られ、31本のパイプがセットになっています。1番から順番にいつもの煙草を差し込んで吸います。毎日使うことで1日つき3%ずつニコチンを軽減することができます。離煙パイプによる31段階の禁煙プログラムは、31本の段階の多さと1日約3%という微量の誤差から、煙草の味や香りに変化は少なく、喫煙をしながら禁煙を目指すことが期待できます。1日に約3%のニコチンを減らしていくため、最終的には-95%までニコチンを減らすことができ、0.005mgのニコチン量まで下げ、禁煙しやすい体内環境を作ることも可能です。

離煙パイプは、香料や薬剤を使用しておらず、空気の流入量でニコチンの量をコントロールします。大きさの異なるミクロの穴が加工されていますが、これは特許取得の精密技術によって厳密に施されているものです。ミクロの穴からニコチン量を調節して、1日約3%ずつニコチンが減るように計算されています。さらにタールを内部に吸着させてカットする特殊構造で作られています。禁煙が難しいのは、ニコチンには依存性があり血中濃度が下がってくると体がニコチンを求めるようになるためです。長年の習慣もあり精神的依存がさらに禁煙を難しくします。離煙パイプを31本全て使うと、ニコチンに対する依存もなく、煙草を吸う習慣や口寂しさはガムや飴などで補うことで簡単に禁煙が実現します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *